• シャトー酒折ワイナリーからお届けするワイン生産者の”ナマ”の声が満載のブログです。

  • HOME
  • サイト内検索
  • ワインの息遣い
  • ワイン生産者の生の声をご覧ください
  • シャトー酒折のワインをどんな思いで、どんな環境で作っているかを、皆様方に是非お届けしたく思い、このブログをはじめました。私たち生産者が普段行っている作業や、どなたでも楽しんでいただけるワインの味わい方などを随時更新していきます。是非、ワインの世界を味わってみてください。
  • 最新記事
  • 2012/10/03
  • 共同作業(今日の製造現場)
  • ブログの時は春で止まっていましたが、ワイナリーではもちろん、2012年の仕込みが始まっています。
    今夏は猛暑で雨が少なく、ブドウの実は元気に育ちました。病気の流行もなく、ワイナリーに届くブドウはどれもとびきりいい状態で、2012年はグレートヴィンテージだということです。

  • 今日(2012年9月29日)は、甲府市内で収穫された甲州の搾汁を行いました。
    コンテナに入ったブドウを除梗破砕機に送り込むと、ブドウの梗(実のついている茎の部分)が取り除かれ、果汁はタンクにたまっていきます。空になったコンテナは排出口から押し出されてくるので、次の収穫で使えるように、すぐさまきれいに洗浄します。

    verifi%20machine.jpg
    コンベアの最終確認中

    sugi%20yasu.jpg
    本日の積み込み担当 杉山くん(手前)と安中くん(左奥)
    安中くんは2012年7月から製造部・新メンバーとなりました

    今日届いた甲州は、10トントラックに満載された870コンテナ(8700Kg)。
    途中アクシデントにもみまわれましたが、奇跡的に解決し、午前中に無事終了しました。

    fujimoto.jpg
    本日の洗い担当 藤本さん

    shinkai.jpg
    2012年6月からの製造部・新メンバー 新海くんも洗い担当

    image%20avec.jpg
    ijimashinyasu.jpg
    アクシデント発生! 高圧洗浄機が止まってしまいました

    achetez1.jpg
    achetez2.jpg
    「社長 新しい高圧買って下さい!」と訴える齋藤さんと、必死に修復を試みる井島部長

    すぐには直らなかったため、高圧洗浄機1機と水道水+スポンジで対応
    その間に、井島部長が執念で機械を修復し、途中から作業のスピードを回復することが出来ました


    この搾汁作業だけが、ワイン造りで人間が担当していることなんだそうです。
    このあとは酵母が糖分を食べ、アルコールを生成することで、ブドウの果汁がワインになります。人は、酵母の働きをサポートしたり、元気がないときに手を貸すことしか出来ません。
    畑では好天候のもと、栽培家の努力によって、ブドウの木が見事に甘く熟した実をつけました。
    ワイナリーでは今、酵母が最高の仕事をしてくれるように、醸造家たちが毎日発酵の状態を注意深く管理しているところです。
    2012年が、本当のグレートヴィンテージとなりますように!

    yamashina.jpg
    初めて高圧洗浄機を使わせてもらいました
    体が後ろに突き飛ばされるような、強い水圧です 取り扱い注意

    臨時製造部アシスタント 山品