酒折通信
販売情報
2012/06/01
新ヴィンテージ リリースのご案内

ご案内が遅くなり申し訳ありませんでしたが、いよいよ新しいヴィンテージのご紹介です。

まずは、毎年のキュベ・イケガワの出来を予測することができる、『 マスカットベリーA クレーレ 2011』から。
clairet2011.jpg


2011年は8月下旬から9月上旬にかけ、台風12号がもたらした降雨が続き、毎日のように激しい雷雨が続いた年でした。
ただキュベ・イケガワの畑では、池川仁氏の緻密な管理のもと、病果はほとんど発生せず、果実は健全に生育しました。
台風12号の影響で、収量調節の日程を前年に比べ2週間ほど遅らせたことにより、例年に比べ、酸が控えめで若干糖度の高い果実となりました。
2011年ヴィンテージのクレーレは、酸が控えめで果実味のある大人の辛口ロゼワインとなりました。


次は、i-vines より『甲州 Barrel 2011』『i-vines 甲州 2011』です。
i-vines2011.jpg
[ i-vines ]とは醸造用葡萄栽培技術の確立を目指し研究する[Team Kisvin ]に2010年に誕生した農業法人です。
ワイン好きが高じてサラリーマンから栽培家に転職を図った奥田大輔氏が池川仁氏の指導の下、栽培を行なった葡萄が今回の 2アイテムです。
2011年は前述の通り、難しい天候でしたが、こちらの畑も池川氏の指導により、健全で果実味溢れる葡萄の収穫を行なうことができました。

『甲州 Barrel 2011』 は、前年までの甲州樽発酵に当るもので、当ヴィンテージは樽香の中に、よりフレッシュな果実味を求め、果汁段階で樽で発酵を行うものと、ステンレスタンクでの発酵を行うものに分け、それぞれに異なった酵母を使用し、ブレンド後、若干の樽熟成を行ないました。

また『 i-vines 甲州 2011』は、より爽やかな甲州種とすべく、スキンコンタクトを行なわず、搾汁の際にフリーランとプレスランに分け、それぞれに澱引きを行なった後にブレンドをし、発酵を行いました。
発酵管理も、14℃~16℃の低温で 約2週間の発酵を行っています。
果実のボリューム感、ミネラル感があり、穏やかな渋みも感じられるワインとなりました。


そして、お待ちかね。
『 The Jewels of Kisvin 2011 』のリリースです。
醸造用葡萄である、ヴィニフェラ系の高級生食用葡萄をふんだんに使うスタイルは健在です。
2009年は17種類、2010年は39種類の混醸でしたが、2011年はついに48種類となりました。
さらに、[ Jewels(宝石箱)]といえば、これを狙い、守るのは[海賊]ということで、今年はラベルにまでも栽培者の遊び心が表現されています。
同時に、フルーツ王国山梨といえども、醸造用葡萄栽培を産業として形成していくことは、大海に乗り出す海賊たちと同様の覚悟が必要との心意気も含まれています。
jewels2011-b.jpg

48種類の葡萄を知りたい方は、上記のコンテンツバーからワインをクリックいただき、[The Jewels of Kisvin 2011]のページでご確認ください。
こんな葡萄もあるのか、というような品種も含まれています。
なお、食品業界で『海賊ラベルはどうも…』と思われる方には、普通の文字ラベルの商品もありますので、お問い合わせください。


今回の、ご紹介は 4アイテム。
[Kisvin 甲州 2011]は、現在まだ樽の中で、瓶詰めの時を待っています。
[Kisvin 甲州2011]や[マスカットベリーA樽熟成2010 キュベ・イケガワ]は、今しばらくお待ちください。


|BACK TO HOME|
JAPAN WINE COMPETITION 銅賞受賞