酒折通信
その他
2011/05/31
今年は20周年!

1991年6月23日(日)、シャトー酒折はグランドオープンの日を迎えました。

csposter-s.jpg

それから20年目を迎えました。
そこで、今年は 6月1日から11月30日までを20周年の記念イベント期間とします。
期間中、特別感謝セールとして、シャトー酒折を代表する[マスカットベリーA樽熟成2008]、また梅酒では[長期熟成梅酒]をご来館記念として特別価格でご提供。

また20年を記念する商品の販売を行ないます。
まず6月は、1991年開業の年に、地元不老園で収穫された梅実を使って仕込んだ[甲州最小梅酒(180ml 小売500円)]を発売。20年間の熟成を経た梅酒です。
さらに順次、記念商品を発売していきます。次の商品のヒントは、20世紀に仕込んだ甲州種のワインを予定。


さらに6月は梅酒の仕込みの季節です。
そこで色々な梅酒の有料試飲を行います。
まず、上記の[甲州最小梅酒][長期熟成梅酒]。これらは1杯100円でお試しいただきます。

さらにまず手に入れることのできない、特別な2種類の梅酒をご用意します。
梅酒『幻梅』は、とあるメーカーの依頼で、梅酒ゼリーを造る原料として仕込んだもので、メーカーに原料として、1800ml 10,500円で販売していたものです。割り水などを全く行なわない、濃厚な味わいの100%原酒です。

『昭和37年仕込梅酒』は、商品名の通り、昭和37年に仕込み50年近い時を経た梅酒です。こちらも100%原酒。
長期熟成梅酒などの香りつけとして使用することが多いのですが、あえて720mlのボトルにつめました。小売、1万円とし、売店に直接おいでいただいた方には、8000円にてお分けしている商品です。
今回、この2種につきましては、1杯200円での有料試飲と同時に、100ml単位での計り売りも行ないます。
量り売り分は、100mlあたり『幻梅』が600円、『昭和37年仕込梅酒』が1000円です。

少し古い資料ですが、仕込みの様子を下記にてご覧いただけるようにしました。
運がよければ、6月のご来館いただいた方は、実際の仕込みの様子を見ていただけるかも。

~シャトー酒折の6月のある一日~

是非、ご来館ください。


|BACK TO HOME|
JAPAN WINE COMPETITION 銅賞受賞