酒折通信
その他
2009/07/05
第3回写生大会

山梨には 70軒以上のワイナリーがあります。
私たちは、ワイン造りは山梨が誇る文化だと考えています。
この文化を次の世代にも引き継いでいきたい、という考えからこの写生大会を始め、今年で第3回目を迎えました。
昨年は、幼児から中学生までを対象とし、70点以上の参加をいただきました。

家々のすぐ横にぶどう棚が広がる風景。これは、甲府、勝沼では当たり前のように見ることができる風景です。この身近な風景が子供たちの目にどのように映るのか、ということを今年のテーマにしたいと思いました。

テーマ:『ワイン造りとぶどう栽培』
対象者:幼児から中学生まで
作品:パステルまたは水彩画。サイズは八つ切りサイズ
作品の提出方法:シャトー酒折へご持参ください。
作品の応募締切:平成 21年 7月 15日(日)

ご応募いただきました作品は、7月 18日(日)から8月31日(月)までの期間、ワイナリー内に展示をさせていただきます。
審査につきましては、画家 渡辺勝俊氏に選考いただくほか、上記期間中にワイナリーにご来館いただいたお客様に投票をお願いし、決定をさせていただきます。

入賞作品には図書券を、また上位の作品はオリジナルラベルとして世界にひとつだけのワインを準備させていただきます。

詳細は下記より PDF形式のチラシをご覧いただくか、シャトー酒折売店部までお問い合わせください。
多くの方の参加をお待ちしております。

ファイルをダウンロード


(昨年の展示風景です)
P1000121S.jpg


P1000127s.jpg


|BACK TO HOME|
JAPAN WINE COMPETITION 銅賞受賞