ワインが出来るまでの工程を詳しくご紹介しています。
※当コンテンツの表示にはFlash Playerが必要です。

シャトー酒折は山梨県甲府市の酒折という場所にあります。
この『酒折』という土地は古事記にも記されている山梨県で最も古い地名です。 大和朝廷に対抗する酒折朝廷があったとも言われ、ヤマトタケル伝説にまつわる古代甲州の中心地であったと伝えられています。また、明治初期にはワイン用の葡萄栽培がいち早く行われいろいろと葡萄品種開発の先進地としても知られていました。
地理的には昇仙峡、恵林寺をつなぐ北バイパス沿いにあり石和温泉、武田神社、善光寺もすぐ近くにあります。

このワイナリーは、明治初期に山の斜面を開拓して作られた古い段々畑を開発して、 その斜面に抱かれるようなシャトーの名にふさわしい4層階建ての建物を1991年 6月に完成しオープンしました。
最上階が入り口、フロント、受付けとなっており、快晴の日には南アルプスが一望に見渡せます。
2階が見学フロアーとなっており、 1階のワインの生産設備、製造行程がガラス越しに見下ろせます。地下セラーでは、年間を通じてワインを熟成させるに最適な温度に保たれ、熟成の神秘を肌で感じて頂けます。

エントランスには、古事記のヤマトタケル物語を表したステンドグラスが飾られています。
古代史の英雄、ヤマトタケルノミコトが東征の帰途甲斐の国酒折宮で野営なされたとき、 旅情を慰め「新治筑波を過ぎて幾夜寝つる」と歌で旅程をお尋ねになったが、誰もお答えできませんでした。 その時お傍で火を炊いていた老翁が「かがなべてよには九夜ひには十日を」と[かひ(甲斐)] の文字を折り込んで当意即妙に歌でお答えしたので、 ミコトは大層その老翁をお誉めになり東の国の国造になされたという話の情景を絵に現したものです。



製造設備は規模的には中規模ですが、 できる限り自然のままのクリーンなワインを製造できるよう最新設備を整えております。また、製造工程上、微生物管理を徹底して、 一切熱処理をしない瓶詰も行っております。


自社農園では、水捌けのよい南斜面を利用して、 シャルドネ、カベルネソービニヨン、メルロー、ピノノワールなど代表的な葡萄品種を垣根造りで栽培し、試験醸造を行ってきました。 製造量は限られておりますが、品質、出来栄えについては、専門家の評価も高く、シャトーエステートワインとして、シャトー酒折のシンボルと自負しております。


当社のリキュール造りは、戦前にまで遡ります。
東京都青梅市にて、大川はなさんが、その地に栽培される梅実の素晴らしさ、またその梅の持つ効用に目をつけ、梅酒に漢方を漬け込むことにより、体に良い梅酒として薬用酒の製造を始めたのが最初であり、その事業を受け継いだのが当社です。
当初は、発祥の地である東京都青梅市にて地元の梅実を使って梅酒の製造を行なってきましたが、設備の老朽化また製造場が手狭になったことなどから、平成14年4月に、そのリキュール類の製造事業を現在の山梨県甲府市のワイナリーに統合し、現在に至っております。
現在では、薬用酒の製造は行なってはおりませんが、その製造の技術、精神はそのまま受け継いで、梅酒を初めとするリキュール類の製造を行なっています。
当社の梅酒は、ワイン造りにおいてはぶどう品種にこだわるように、梅酒造りにもまずその梅実品種にこだわり、最高の梅酒を造るための品種は何かということから始めました。
日本画の大家、川合玉堂画伯がその地を選び、文豪吉川英治氏が愛した青梅市の自然の中で育まれた梅実に現在でもこだわり、仕込を行なっています。

当社の製造するこだわりの梅酒を、ぜひ一度ご賞味下さい。


シャトー酒折では、世界から導入した最新鋭の製造設備を駆使し、 常に新しい発想と葡萄栽培技術、ワイン製造技術の最新情報により日本の消費者の嗜好にマッチしたシャトー酒折独自のワインを市場に送り出していきたいと願っております。
特に、日本固有のブドウ品種である、白ワインの甲州種、赤ワインのマスカットベリーAにはこだわり持ち、世界に発信できるような、また同時に日々楽しめるようなコストパフォーマンスを持ったワイン造りを目指しています。
さらに将来的には、これらの日本固有のブドウ品種からなるプレミアムワインについても、原料ブドウを含めて、日々品質の向上を目指していきたいと考えます。



|BACK TO HOME|